読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

歯車

からからぐるぐる

2016年6月15日(水)

 どうでもいいと言えばどうでもいいことなのですが................。

 

 私はなぜ生まれたのでしょうか。どうして私の親は産むという判断を下したのでしょうか。 

 

 おそらく、親と子供との間に血の繋がりさえあれば何でもよかったのでしょう。親は私ような子供よりも、優秀で向上心のある子どもを好みます。今の私は優秀でもなければ、向上心もありません。私は、望まれて生まれたのかもしれませんが、望まれた育ちをしなかったのです。 

 殴られるのは土曜日が多かったです(もちろん、平日でも殴られましたが....)。私は土曜日が今でも苦手です。

 私は、親の望み通りに中学受験をし合格しました。親の望む大学、望む学部に入学しました。何の興味もない学部でした。

 ひとりだけで、何の援助も受けずに生きれば、少しはマシになるかもしれません。でも、それはイバラの道です。私がやれば生き残れないでしょう。。

 結局、私には、自殺か、自殺ぐらいしか道が無いような気がします。

 大学には、”性格の良い人”は、います。でも、、興味や趣味が近しい人はいません。人と話していても、どこか孤独を味わっています。

 

 すみません。。深夜の力で中途半端に、いい加減に、アルコールの力で書きました。

 めちゃくちゃな文ですみません。