読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

歯車

からからぐるぐる

2016年6月8日(水)

 今は夜中です。AM1:00頃です。

 いいですか? 

 

 深夜のテンションで書く文ですよ!?

 

 さてと。。。アルコールまじりの頭で書きます。

 

 私は昨日のAM2:00に、死ぬつもりでした。

 比喩でも誇張でもありません。本当に死ぬつもりでいました。昼休みには大学構内のATMへ行き、服薬自殺の為に使う薬代を引き出しました。

 私が死のうと思ったのは、不安と絶望の為でした。

 実は、私は大学を自分で決める事が出来ませんでした。しかし、高校でそんなことを言えるはずもありませんでした。私は、本当に進みたかった進路に行けなかった事を言うことが恥ずかしかったのです。私の進路は私の両親が決めました。私は今、父が行きたくても行けなかった大学に行き、母の望む学部に進み、祖父母の望む家に住んでいます。

 私の意志など何一つ考慮されていませんでした。

 私は近畿圏内のマンモス校の経済学部に所属しています。とてもつまらないです。なにしろ、はじめから興味がないのですから。

 自分の興味は文学、哲学、プログラミング・・・・・など数え上げればきりがありませんが、唯一毛嫌いしていたもの、それが経済学だったのです。

 このままでは、私は経済学部卒です。就職にするにしてもそれが様々な判断材料になることでしょう。必然的に私は強い興味を"趣味"という狭い範囲に押し込めなければなりません。そんな事ではどんな事をしようとも,しょせん、すべて趣味です。世間にはそれを職にしている人がいるというのに、私の場合は趣味ですべてが終わります。

 私は日々の大学生活に絶望しました。何にもできない、意味も目的もない、そんな思いで一杯でした。

 ブロンやカフェイン錠のODで気分を紛らわしつつ登校する日々が2年以上続いています。

 

 しかし、私は死にませんでした。偶然の積み重ねでした。たまたまウィキペディアでラッセルのページを読んでいた時に、死ぬのは延期だ、と思いました。薬局近くのバス停の一つ手前でした。

 そんなわけで、私は生きてます。もう少し、いろんなことを知りたいのです。

 

2016年6月1日(水)

 近頃、浪費癖がついているような気がします。本です。

 通学途中の駅には紀伊国屋Book1st、その他小さい古本屋さん。。。ついフワフワと入ってしまい、何冊か買ってしまいます。言い訳するつもりはないのですが、何にも買わずに出ると万引きを疑われそうで怖いのです。

 休日はブックオフに行って買ってしまいます。こちらは一冊一冊が安いので、あれこれカゴに入れているうちに結構な額になってしまいます。

 実は、私が本屋さんに足しげく通うのは単に本の購入だけが目的ではありません。

 とても良い気分転換になるのです。今の時期、路上を散歩すると汗だくになってしまいます。家の周りは坂が多いので、登ったり下ったり、完全に苦行です。

 そこで、本屋さんまで原付に乗ります。着いたら、本の背表紙を読みながらゆっくり歩きます。冷房が入ってます。BGMが流れてます。。。。気分転換です。そうです気分転換のためです。

 決して、欲しいものを我慢できない、とかそんなのじゃないです。

 

2016年5月15日(日)

 私には青春とか思春期とかそういうものがない。ほとんどすべての時間を読書に費やした。司馬遼太郎が大好きだったが、他の本でも、見境なく読んだ。同級生たちが恋愛や部活などに熱中している時も、私は常に本の中にいた。

 なんで急にこんなこと言いだしたかというと、YouTube見てたら、急に虚しくなってきたからです。世間の人はTVとかゲームとか、当然のように楽しんでいます。どれも私が許してもらえなかったことです。TVなんて自分が見たいという理由で見れたことが一度もありません。 
 ううっうううう…羨ましい。
 このまま死んだら、きっと、自由にTV見てる人を呪います。。

2016年5月13日(金)

 大学へ向かう途中、突然、タバコが欲しくなりました。いえ、別に、ニコチン切れたとかそういう訳ではありません。
 朝から吐き気を伴う胃が痛みがあるので、ストレス発散と気晴らしを兼ねて何か買ってみたかったのです。
 お茶は持ってきてますし、昼食はほとんど摂りません。だからと言ってボールペン買うのもなんかに嫌だなあー。
 そこでタバコです。甘いのが良いです。ピースです。アロマクラウンというのを買いました。……まだ吸ってません。
 だって、大学の喫煙所、怖い人がたくさんいるんだもん。。

2016年5月12日(木)

 今、ツイートキャスティングを聴いてる(端末が2つある)。楽器を演奏していた。バンド募集。かっこいい。 
 挫折したキーボード。バレーコードが押さえられなくて放置気味のギター。飾りになったハーモニカ。全部部屋にある。
 もう一度何か練習してみようかな。できるかな。できないかも。試す事に意味なんてない。でも、意味なんて必要ない。どうせ長生きできない。今、したい事をする。刹那的。でも、それだけ。そう、それだけ。

2016年5月12日(木)

 きっと山を登っているのだ。どんどん空気が薄くなる。だからこんなに苦しいのだ。前半で急ぎすぎた。だからこんなに疲れているのだ。きっと、登りきる頃には、息も絶え絶え、そうして死んでしまうのだ。

2016年5月11日(水)

 部屋の模様替えをした。カラーボックスの中身を机に積み上げ、カラーボックスを寝室へ運ぶ。カラーボックスに本を詰め込む。背表紙を揃えて綺麗に並べてみたいけど、それでは入らない。最後に掃除機をかける。なんだかパズルみたいだ。