歯車

からからぐるぐる

最近の考え事

 ここ数か月私の生活はとても単調だ。酔って、寝て、翌朝も特にこれといったことはなく、講義があれば大学に行くし、バイトがあれば働くこともあるけれど、それ以外はただ空白の時間を浪費している。日に一度ほど「とても単調だけど健康的な生活だ」などという思いが脳裏を掠めるけれど、その思いすら単調に繰り返される。しかも、ほとんど毎晩酒を飲むので、完全に健康的とも言えないのである。

 こんな日々を過ごしていると、空気と時間と肉体がぐにゃぐにゃに曲がり、混ざり合ったような感覚が脳全体を支配し始める。酔っている私は働いている私であり、働いている私は眠っている私である。こうなると一種の境地に達したかのように錯覚する事がある。バイト先で理にかなわないクレームを受けても、真面目な顔、唇をグッと閉じて「申し訳ございません」。これは殆ど反射で、その実、何も考えてはいないのである。何かで怪我をしても痛みという感覚は頭の中を通り過ぎていくだけで、私は何の感想も抱かない。わざとらしく「痛っ」と言ってみて、言わなきゃ良かったと後悔する。コレが起きたらアアすると決まっているだけの話で、私が機械と違うのは酒を飲むという一点においてのみであり、私の習慣となっている飲酒が人間としての私の命綱となっている。

 しかし、人間として生きていたくば、人間らしい活動を増やすことは必須である。酒がなければ生気がないという現在を変えてみたい。要は何か絶対しなければならない事以外に自分で作った楽しみなり、目標なりが必要である。

 季節の変わり目は精神が不安定になりがちだけど語学で気を紛らわすことが出来ると書いたのは誰だったか。木田元だったか。坂口安吾も語学の勉強で云々書いてた気がする。愚者は経験に学び、賢者は歴史に学ぶのである。私も語学を始めるべきか。

 しかし、私は意志薄弱で物事を続けるのが困難だから宣言効果みたいなのを使う方が良いかもしれない。SNS上に今日やる事、出来たことなどを書いてみようか。

 

 最近はこんな事ばかり考えてしまいます。

 

最近

私は堪え性というか、ある種の忍耐力がない人間なので、「あ、これはダメだな」思ったら、物事を放棄しがちな人間である。
例えば、某回転寿司チェーンにバイトで応募し、受かったので、研修(無給)に行く事になった。研修とはいえ、時間を使わせといて無給というのはなんとなく腑に落ちなかったけど、社会とはそういうものだと考えて、普通に行った。
行った先では矢鱈と分厚いマニュアルを見せられて、「これを覚えてない奴は怒鳴る事がある。俺はよく怒鳴る男だ」とか言われて、一気に働きたくなくなった。その他には、求人票には2週間ごとにシフトを提出とあったのに、実際は3ヶ月ごとだという事が発覚した。とても嫌な感じがした。
研修後、着替えの為に控え室に戻ると、高校生がたむろしていて、お互いの悪口を言い合う事で親睦を深めるという理解不能な文化が発生していた。のみならず、その罵倒大会には社員も参加していた。
なるべく避けようと思っていたけど、会話が私に回ってくる事になった。
高校生「俺の志望校〇〇大学なんすよ」
社員「今度来るばく君は〇〇大学やで」
高校生「えー」
社員「なんか聞きたい事あったら聞いときや」
以降、余りに不愉快につき、省略。。

とにかく、私はそのバイトを辞めることを決意した。研修の翌日、従兄弟を引き連れ、制服を紙袋に詰めて、回転寿司に向かった。
従兄弟達には外で待っていてもらい、私はレジに特攻し、店長を呼び出した。
出てきた店長に「無理です。辞めます。」制服を突き返した。ハキハキと言えた自分に驚いた。
店長は「マジかよ」の一言と共に奥に戻った。
その後、勇気をくれた従兄弟達に、本屋で奢り、喫茶店で奢り、その他諸々、欲しいというものを全て奢った事は言うまでもない。



それと似たことを近々します。今度は研修どころではない。2日働いた所で、制服を突っ返します。次のバイト先が決まったらですが……

2017年6月7日(水)

 就活が苦しい。

 有効求人倍率が上がろうが自分に対する恩恵がなければ意味はないし、そういう意味では今でも氷河期だと思っている。

 しかし、私が苦しいのは完全に私のせいであって、社会は全然悪くないし、実際求人倍率は上がっているらしいし、一人で氷河期を味わっている。

 いろいろしておくべきだったのだと思う。企業研究とか業界研究とか、学内セミナーに行くとか、まあ、様々な下準備をする時間はあったと思う。

 

 それを怠った。しなかったし、行かなかった。当然の結果。

 

 就活を始めた時期は悪くなかった。3月中ごろから始めたから、やや遅れ気味とはいえ、決して手遅れではなかったと思う。

 致命的だったのは、予定を漠然と立てていたこと。全てが曖昧であったこと。志望職種もはっきりさせず、ただ、内定さえ取れれば良いという考えだったこと。

 「就活の一幕」というタイトルで書いたような微妙な会社に応募したり、住むあてもないのに、引越し費用の算段も出来てないのに、東京の会社に行きまくって、せっかく、最終面接まで行ったのに選考辞退する羽目になったり。。

 

 まあ、その無計画な行動も私が勝手にしたことだから、私が悪い。

 

 結果、今に至る。目ぼしい企業は説明会が終わり始めている。選考が終わっている企業もある。手遅れ。手遅れ。手遅れ。

 

 

 そのうち、全部終わるのかな。。。

 

 いや、明後日面談のお願いした企業、全然連絡返してくれないな。連絡は届いているはずなのに、向こうから日付を選ぶように言ってきたのに......からかわれたのかな...それとも、もう、終わってしまったのかな。。。

たまには…

身近なストレスってよく考えたら沢山あって、外出時に家の鍵閉めたかどうか思い出せなくてずっと気になってしまったり、電車乗ってる時に人とぶつかったりするとヒヤヒヤするし、歩いてる時に財布とか落としたんじゃないかと気になったり、数え上げるとキリがない。

でも、そういうストレスも簡単な行動によって多少は減らせるかもしれないし、それによって行動が変わってくることもある。

実際、1つの行動が複数の行動を変えることはあって、例えば私の場合、ストレスのかかる実家だと1日か2日でボトル1本飲んだ挙句、1日中無気力になったりするけど、東京行くと1日ビール1本ぐらいでセーブできたり、休肝日作って、ストレッチしたり、毎日外に行って就活したりするようになる。

逆から考えると変えない限り変わらないので、ストレス下であっても、アルコールとか精神薬などをキックにして、とにかく動きを起こしてみるのも、たまには必要なのかなとか、山科から京都の長いトンネルの中で思いました。

2017年6月5日(月)

 勇気がない。勇気が出ない。もともとかなり臆病な方だし、具体的に言うと、中学生ぐらいまではよく泣く方だったし、あまりに泣きすぎて、泣くと目立つので、イジメすら自然消滅した。そういう時は司馬遼太郎とか柴田錬三郎など強い人間が出てくる本を読んで精神的支柱にしていたのだけど、大学生になってからお酒を覚えた。

 今では、アルコールが勇気の源になっている。

 アルコールがないとメール1つまともに書けない。twitterでリプライを送ることもほとんどない。外に出る事すら躊躇してしまう。怖い。何が怖いかというと、私の行動が原因で、嫌われたりする恐れとか、その結果攻撃されたりとか、その他諸々に恐怖がある。

 宗教を支柱にするという手もあるけど最終手段みたいなので、まだ狂信的にはならない。

 難しいものだ。人生は。思った通りにならないどころか正反対の方向から襲ってくるのだから。まあ、私だけでなく、社会に出ているいろんな人も同じような苦しみを味わっているかもしれないので、私ひとりじゃないと思えば気が楽、と自分に言い聞かせて今日は生き延びました。

 

2017年6月4日(土)

 アナログで書いている日記帳がドイツ語だらけで今となっては解読不能なので、たまにはこっちで日記を書こうと思う。

 

 今朝、AM6時頃に起こされる。廊下で死んでいた。経緯は覚えていない。最後の記憶は自室でボイラーメーカー(ウイスキーとビールのカクテル。バクダンのような飲料)を飲んでいた。

 気が付いたら廊下。次の記憶は自室で布団に入る。記憶が切れる。次の記憶は、卵を焼いている。弟の為に。次の記憶では気が付くと布団で寝ている。そして、起こされた。

 二日酔い。を「宿酔い」と書くのは何故だろうとか考えながらフラフラ酔っていた。朝なのに。無理やり動く。ふと、部屋の中に開きっぱなしになった缶ビールを見つけた。夜になるまで待ったら、アルコールが抜けてしまうかもしれない。とりあえず飲んだ。缶に残っていたアルコールが胃に沁みた。私は二日酔いから普通の酔いになった。

 その後、廊下と弟の部屋、自室に掃除機をかけて部屋で完全自殺マニュアルを読んだ。ブロバリンが欲しくなった。

 死にたいのか死にたくないのか朦朧としながら、就活サイトで求人を漁っていたら「もうだめだ」という感情が高まってきたので、ウイスキーと本に逃げた。

 アルコールは有能だ。無敵とは言えないけど、強い。

 とにかく、1日生きていれば、つまらない事でも「1日」の出来事が存在するので、面白くないことなら、書けることが分かった。