読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

歯車

からからぐるぐる

2017年2月12日(日)

 

 いつも、夕方ごろに散歩する。じわじわと暗くなっていく中を歩けば、人に顔を見られずに済みそうだからです。人が怖いです。

 

 私はすべてのすれ違う人に悪印象を与え、瞬間的に不愉快な思いをさせている気がします。それだけでなく、すれ違う人の腕が突如、かぎ爪か何かに変形し、襲ってくると思っています。すれ違う瞬間、コートのポケットに突っ込んだ手を固く握りしめ、いつでも反撃できるように身構えてしまうこともしばしばです。申し訳なく思っています。罪悪感と羞恥心に切り刻まれます。いっそ殺せと思う。

 

 部屋に一人でいる時は、今までに犯した過ちが、潮が満ちるように脳に沁み込んできます。心静かに落ち着いて読書。などとはいきません。脳裏を埋め尽くす後悔、慙愧の念を振り払うために、ひたすら活字を追い、辞書をひっくり返します。

 

 どうにもこうにも、気分が落ち込んでしまいますね。陰鬱です。頭の中がぐちゃぐちゃしてしまいます。ぐちゃぐちゃするほど頭の中が詰まっている訳じゃないのに。

 

私が特別不幸な訳じゃないのです。

ただ、私のストレス耐性の低さ、惰弱にして怯懦、意志薄弱の招いた結果です。

2016年12月8日(木)

そもそもの始まりは、久々に村上春樹を読んだ事である。
彼は健康的な生活をする事で知られ、ちゃんと毎日ご飯を食べて、仕事して、走ったりしているらしい。彼のライフスタイルは私と真逆である。私はそんな修行僧みたいな生活は出来ない。そもそも夜9時には眠るという事に無理がある。私の本格的な活動は夜9時に始まるのである。ほら、真逆でしょう。。
しかし、自分でも今の生活を維持すると、のたれ死ぬ気がする。突然、道で倒れる気がする。道で倒れて、カラスに突かれながら死んでいくような気がする。いくら私が自殺志願者でも、それは嫌だ。
そこで、村上春樹を見習って、マトモな生活を送ろうと思ったのである。カラスの餌になるのは嫌なので。
まず改善すべきは食事と睡眠だと思った。今は1日1食なので、せめて2食に。睡眠も6時間は確保したい。
試してみた。
失敗した。
まず、睡眠。とにかく6時間、とにかく6時間と唱え、5円玉を見つめ、羊を数えたものの効果がない。羊と山羊の区別がついてないせいかもしれない。結局、酒と薬でグデングデンになって、ようやく約6時間を確保。「眠る」というより、倒れた、失神した。健康とはほど遠い睡眠である。本末転倒が服着て酔っ払って、ラリっている。
次に食事。普段は夜だけなので、朝も食べようと。グーグル先生も血糖値がどうのこうのとオススメしていた。しかし、サンドイッチを作って食べたら気持ち悪くなった。
朝に食事なんておかしいような気がしてきた。いや、だって、夜食べてから特に運動する訳でもない。朝食べる必要があるのかと…。まあ、天下のグーグル先生だから正しいのだろうけど、私には合わない。
そういう訳で全て失敗です。どうしたら良いのでしょうか。やれやれ。

2016年11月29日(火)

 ツイッターで""学費が高いのはツラい""という発言をしました。

 しかし、比較的学費が安いと言われている国公立に入れなかったのは、給付式の奨学金に通らなかったのは、ひとえに私の努力不足です。

 すべき努力もしないで不平を書き込み、申し訳ありませんでした。

 

ーーーーーーーーーーーーーーー予防線ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

 予防線を張ったのでイザとなったら、ここに謝罪を書いた事を持ち出せばOKです。我ながら卑劣なことを考えたものです。

 さて、本題。

 近頃、呪われたように""お金がないお金がない""と呻き声をあげ、床をのたうち回っているのですが、これには理由があります。

 進路の事です。

 私は経済学が嫌いで苦手で、経済と名のつく本は焚書坑儒しかねない勢いで嫌悪しているのに、現在、経済学部に所属しています。

 高校時代に親に行けと言われました。行かねば学費は出さないと言われました。やむなく受験しました。落ちてしまえばいいと思っていたので、参考書の類は持たずに村上春樹と受験票をカバンに入れて、休憩時間もひたすらハルキストぶってました。やれやれ。サンドイッチを食べたりしました。やれやれ。

 英語は苦手なので、3問に1問は鉛筆を転がしました。日本史は司馬遼太郎が書いてない時代は守備範囲から外れます。1/3はテキトーです。残りは国語です。

 ここで悲劇か幸運か、予想だにしなかった事態が発生します。

 なんと、なんと、なんと、国語の評論が村上春樹だったのです。直前まで読んでた、いや、幾度となく読み返した春樹でした。当然、本文を読む必要すらありません。もともと国語は得意なのも相まって、国語は15分で全問終わりました。いくら落ちる気満々で受験しても出来る問題は普通に解いてしまいます。人情です。

 そんなこんなで合格しました。英語と日本史はズタズタなはずなのに......(陰謀か?

 

 こんな風に入った大学、正直、楽しくないです。

 私の興味は文学、哲学、宗教、音楽、薬?です。経済には掠りもしません。 

 そうはいっても、比較的大きな総合大学なので、私好みのサークルがどこかにあるという期待を持っていたのですが、、、、見事に打ち砕かれました。

 やむなく華道部に入ったものの3年生になると同時に行かなくなりました。いやいや通うことが苦痛だったからです。

 そして、その間、ブロン中毒になったりアル中気味になったり、自傷行為を繰り返したり、死ぬ死ぬ詐欺師になったりしたのです。

 

 今、進路という問題が目の前にあります。

 就職、それもいいかもしれません。てか、大多数の人はそうします。

 でもね、でもね。。

 そしたら私の意志は墓場行きになります。穴を掘って、意志を投げ込み、埋めてしまい、永遠に出られません。

 意志が埋葬された後、人生に疲れ果てて死ぬ私が見えます。

 私の意志は好きなものを勉強する事です。お金がないと、勉強は続けられません。今、お金がありません。働くより他はありません。

 

 いつか死ぬ。

2016年11月27日(日)

 メールボックスを整理していたら、このブログに登録しているアドレスから「さっさと更新しろ」とのメールが来ていたので書きます。中身は空っぽです。

 

 数日前、「ラカンはこう読め」という本を読みました。水色の表紙にイラストが描いてあります。目次もなにやら面白そうです。読みやすそうなので、図書館で借りてみました。

 講義まで時間があったのでパラパラ読み始めようとしました。が、パラパラ読めません。内容が難しい&ややこしいのです。ヴォイニッチ手稿でも眺めていた方が楽しいんじゃないのかなと思うレベルです。前半で力尽きて、後半は文字を目で追う作業になってしまいました。後半部分はまともに読めてません。文章の発音の仕方が分かるという読み方です。

 私は今まで、結構な数の本を読んできました。でも、今回、果たして本当に読めていたのか不安になってきました。本当に意味を理解していたのだろうか。と。

 中学生の時、カントやらニーチェを読んだのですが、今思うと間違いなく、理解できてなかったと思います。だって、今読んでもよく分からないので....

 小説の類も読めてたのかどうか怪しいもので、作者の私生活と照らし合わせて読むと、新しい読み方を知ることが出来るかもしれません。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 最近、給料が激減し金欠なのです。上に書いたような事を考えて、少しでも本を買うのを控えようと。そういう訳です。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 江戸川乱歩の小説に""二銭銅貨""というのがあります。

 暗号文が出てきます。そして、その暗号文は解読した後に、もう一度解読されます。(分かりにくくてスミマセン。ネタバレ防止です。)

 私は、今所有している本をそういう風に、別の目で読んでいこうかと思います。新しい本は暫く買わずに、節約。

 

ね。ほら。中身空っぽだったでしょ。。

2016年10月4日(火)

 10/4とタイトルに書いたのですが、今は23:50です。書いてる間に確実に日付が変わりますね.......。

 最近、twitter上で  "彼氏が...彼女が.....” のような言葉が流れてくるようになりました。率直に言ってとても嬉しく思います。もちろん、私は何の関係もありませんが、人が嬉しそうにしているのを見るのは、言葉で表すのが難しい程、嬉しいものです。

 普段は "リア充爆発しろ。爆発しないなら、こっちが爆殺してやる。" とは言ってるものの、幸せそうだったり、嬉しそうな人は傍から見てても嬉しいものです。

 どうか皆さん幸せになってください。

 ...............私らしくないこと言ってしまいましたね......。メンヘラ、ブロ中で自傷癖がある私らしくないです。

 でも、私以外の皆さんが幸せになったらとても嬉しいです。これは本心です。

 

2016年9月28日(水)

 私は会話が苦手です。コミュ障の疑いが強いと思っています。

 ""思っています""と書いたのは、まだ精神科行ってないからです。病名も何にもないです。強いて言うなら、2年ほど前に心療内科へ行き、薬を処方してもらい、その薬をググったら糖質に関係あるらしいという事が分かったでした。

 しかし、その病院でカウンセリングを受けた時ですら、うまくコミュニケーションがとれず、挙句の果てには、会話を反芻しているうちに、医者に対して恐怖心を抱くようになりました。""1週間後に来てください""と言われたのですが、結局行けずに、今では病院が遠くに移転してしまいました。

 まあ、それは置いといて、コミュニケーションの話に戻りましょう。

 私は会話、、いえ、そもそも、会話のきっかけすら作れません。数年来仲良くしている友人に対してすら、未だに話しかけることが出来ません。話しかけられるのを待つのみです。

 大学でもそんな調子で、「あ。あの人ゼミが同じの○○君だ。」と思っても、緊張して話しかけることが出来ません。ちなみに、""○○君""と書いたのは本当に覚えてないからです。私は人の名前を覚えることが極端に苦手で、同じ小学校に6年間いた人すら、一緒に何度も遊んだ人さえ、覚えることが出来ません。

 仮に覚えていたとしても、""ああ、この話題振っても大丈夫かな。嫌われないかな。嫌がられないかな""などと考えてしまい、結局、無言で歩くロボットに化けます。

 しかし、ネットは別です。私と同じように、自傷したりODしたりする人がいます。自傷もODもしない方がいい事は百も承知です。でも、自分ひとりじゃないんだという嬉しさがあります。

 

 だから、私はTwitterのメンヘラさんが大好きです。

2016年9月26日(月)

 今回は首吊りについて書きます。。

 

 首吊り自体は小3頃からやってました。しかし、意識は飛ばず、ただ苦しむだけでした。

 今は大学生です。昔とは違います。どのあたりを絞めればいいのか分かります。

 そこで、やってみました。 

 竹刀1本用の竹刀袋を椅子に引っ掛けて体重をかけました。

 率直に言って、めちゃ気持ちよかったです。

 意識が飛ぶか飛ばないか、全身の筋肉が引き延ばされ、それによって生じる、凄まじい快楽。眠たいような冴えるような、今まで味わった事の無いような、死に際の甘さを感じる、恐ろしい麻薬。。。。そうして私は意識を失いました。

 

 「馬鹿なことを。」聞こえました。体は動きません。。体をゆすられて目が開きました。そうして、ゆっくり上体を起こしました。目の前はやや霞んでいました。

 記憶は一瞬で回復しました。そうか、私は死のうとしたのか。。。

 後悔は今もありません。今でも死にたいからです。。

 でも、あの快楽が得られないのなら、死ぬ価値はないような気がします。気持ちよく死ねないなら中止した方が良いです。。。

 なぜなら、方法次第で気持ちよく逝けるのです。気持ちよくないのに無理に死ぬなんてもったいないじゃないじゃないですか。。。